道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

「老子」の言葉の煌めきを拾う  山名しおり

山名しおりです。 宮さんの先日の記事を拝見して以前に読んでいた、渡辺昇一・谷沢永一著作の 『老子の読み方』~ 五千言に秘められた「きらめき」をどう拾い上げるか~を思い出しました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp 参考書籍はこちらです。 老子の読…

母の貴さ 宮毬紗

宮毬紗です。 「無名は天地の始にして、有名は万物の母なり」 久しぶりに、安岡正篤『洗心講座』のなかの、「『老子』と時代」を読みました。 有名になるということは、つまりおっ母さんになって、色々なものを生んでゆくことであります。 然し母になるとい…

言葉が絵になる瞬間   山名しおり

先日、制作を進めていた際に言葉が絵になる瞬間を体験しました。 その時頭の中に浮かんでいたのは四七章「戸を出でずして」の章です。 ブログの中で「戸を出でずして」が私の中でようやく噛み砕けた始めたとき、制作の中で理屈ではなく形となって表すことが…

「戸を出でずして」はインプットする時間   山名しおり

山名しおりです。 これまで、老子の中に流れる「普遍性」について仏教用語に派生しつつ触れてきました。老子が時を経ても普遍性を感じる理由の一つとして、日々に根差した思考であるからだと私は考えています。 仏教については、今後また鎌倉仏教に注目して…

宙と繋がる  長谷川幾与

長谷川幾与です。 宮さんのこちらの記事を読んで、あ、私も。と思いました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp 私も数年前に、大地と自分の境界線がなくなり、宙と繋がる感覚を経験しました。 その時の感覚は今でも鮮明に覚えています。 とある離島に滞在して…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp