道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

「三十の幅」にみる生命観  山名しおり

山名しおりです。 「戸を出でずして」の章が私自身の心の中に落ちたことで、11章「三十の幅」へのイメージが広がりました。 文章の表現としても、11章「三十の幅」は「車」や「器」など具体的な物を挙げて説明がされているのが特徴的です。 だからこそイメー…

老子の周縁  宮毬紗

宮毬紗です。 本棚の整理をしていました。 春に、もう処分しようと隅に寄せていた本を、もう一度、本棚の真ん中に戻しました。 手放さずに、また読みたくなりました。 ここ何ヶ月か、老子を知るために、老子以外のものを、調べていました。 宗教も、その時代…

母の貴さ 宮毬紗

宮毬紗です。 「無名は天地の始にして、有名は万物の母なり」 久しぶりに、安岡正篤『洗心講座』のなかの、「『老子』と時代」を読みました。 有名になるということは、つまりおっ母さんになって、色々なものを生んでゆくことであります。 然し母になるとい…

言葉が絵になる瞬間   山名しおり

先日、制作を進めていた際に言葉が絵になる瞬間を体験しました。 その時頭の中に浮かんでいたのは四七章「戸を出でずして」の章です。 ブログの中で「戸を出でずして」が私の中でようやく噛み砕けた始めたとき、制作の中で理屈ではなく形となって表すことが…

「戸を出でずして」はインプットする時間   山名しおり

山名しおりです。 これまで、老子の中に流れる「普遍性」について仏教用語に派生しつつ触れてきました。老子が時を経ても普遍性を感じる理由の一つとして、日々に根差した思考であるからだと私は考えています。 特に、四七章「戸を出でずして」については、…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp