道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

ありのままで、心のままに。   山名しおり

山名しおりです。 ブログを書き始め気付いたことがあります。それは、まだまだ自分自身の枠を自分で決めてしまっているということ。老子を読んできた中でも「敢えて分けない」という捉え方、物事を分断してしまったがために本末転倒になっていることがあると…

十九 聖を絶ち智を棄つれば  山名しおり

山名しおりです。 老子を読み始めて改めて不思議に感じることがあります。 それは、自分自身がどういう気持ちで読んでいるかによって文章の受け取り方が変わってくるということ。 あくまで、私の実感なのですが。 これは私自身の内面のことではありますが、…

労力を使い糧を得る  山名しおり

山名しおりです。 老子を読み進める中で、少しずつ表現していきたい形が浮かんできています。 でもまだ自分の中にあるだけの状態です。 もっと多くの書籍等からヒントを得ていきたいと思うと同時に、実際に人に会いそして考えたり、ヒントを頂く。 自分の足…

ある一人の経営者から見たアートとサイエンス  山名しおり

山名しおりです。 長谷川さんが記事の中でアートとサイエンスについて書いておられました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp シンポジウムに参加されるとのことで、そのお役に立つかどうか分かりませんが、 アートとサイエンスという言葉から私が思い出した…

老子から仏教へ  宮毬紗

宮毬紗です。 この記事を書いたあとで、しばらく仏教の経典を調べていました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp 時間の概念について、過去、現在、未来が同時に存在していることを経験したのですが、これは仏教で「一念三千」と呼ばれる状態に近いのではない…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp