道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年11月3日(文化の日)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

老子展の会場風景です。

長谷川幾与さんの展示コーナーです。 淡い色彩の美しい、心癒される部屋になりました。 山名しおりさんの絵本が、大好評です。 原画を展示しています。 宮毬紗のコーナーです。 天然の鉱物で作られた絵具の紙を、華やかなコラージュに仕上げています。

各作家の在廊予定です。

各作家の在廊予定になります。 予告なく、変更になることがございますので、ご了承ください。 ●長谷川幾与/11月11日(日) ●宮毬紗/11月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日) ●山名しおり/11月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日) 長…

作品について 長谷川幾与

長谷川幾与です。 本日から展覧会「老子の道-Tao-を描く」 が始まります。 こちらのブログで、私が出品している作品の解説をしていこうと思います。 今回、作品の制作をするにあたり、「道-タオ-」に対して二通りのアプローチをしました。 一つ目は、老子道…

言葉と楽譜の共通点

山名しおりです。 「老子」という著名な古典を自分なりに読み解き、絵画表現へと置き換えていく作業はクラッシックの楽譜を演奏する時のプロセスにとても近いです。これまでも音楽についての記事は書いてきました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp ichiharu…

右脳世界と老子(2)

長谷川幾与です。 右脳世界と老子(1)はこちらから↓ ichiharugallery.hatenadiary.jp 老子の道徳教を読み始める数ヶ月前から、 頭の中でかすかに「声」が聞こえるようになっていて、 なんとなくその声は頭の右奥から聞こえてくるような気がしていました。 そ…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp