道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年11月3日(文化の日)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

2017-07-12から1日間の記事一覧

六十八、善く士たる者は  宮毬紗

宮毬紗です。 はああ・・・・・ ああ、なんか、だるいなあと感じる1日です・・・。 雨がしとしと降っています。 もう、このまま、だらーーーんと過ごしたい・・・。 ですが! ここでダレていても、そのまんまの私にしかなりません! もう孔子先生いわく「不…

自転車に乗って  山名しおり

山名しおりです。 最近、ふと自転車に乗っている時間に ずっと老子の思想や、それが今の日々にどう結び付くかについて考えている 自分がいることに気づきました。 そう言えば・・ このブログが始まった日も自転車で夕立に出会ったことを書いていました。 ich…

子育てと老子  宮毬紗

宮毬紗です。 娘と老子の話をしていました。 もちろん、このブログも読んでくれています。 天才的に間違い探しが得意な彼女は、 「お母さん、誤字見つけましたよー」 と、ブログの誤字脱字を教えてくれます(笑)。 美意識の強い彼女は、幼稚園が苦手でした…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp