道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

2017-07-28から1日間の記事一覧

先を見据える力と感謝の気持ち  山名しおり

山名しおりです。 一昨日、出勤前に父の通院に付添うことがあり、不意に出来た待ち時間を利用し 老子道徳経のテキストを手に取りブログを書いていました。 その瞬間の気持ちとも重なった「23章 曲なれば則ち全し」を取り上げたいと思います。 曲(きょく)なれ…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp