道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

2017-08-23から1日間の記事一覧

全ては作ることへ   山名しおり

山名しおりです。 前回の記事で老子を取り上げている本を手に取るようにしていると書いていましたが、 その中の本で、なかなかインパクトのあるタイトルでしたので、紹介したいと思います。 ハーバードの人生が変わる東洋哲学──悩めるエリートを熱狂させた超…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp