道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

2017-09-29から1日間の記事一覧

中国古典を学ぶ意味  山名しおり

山名しおりです。 長谷川さんの記事を拝見しました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp シンポジウムに参加されたことを書いておられると同時に私がブログで紹介した ドリアン助川さんの本についても触れてくださいました。 私もドリアン助川さんの著書の中で…

仏教用語から見る老子  山名しおり

山名しおりです。 仏教用語で有名な「生老病死」という言葉があります。 人が生まれた時に抱えるものとして象徴的な用語として用いられています。 これまでに宮さんが老子から仏教へという記事を書いておられました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp 私も …

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp