道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年11月3日(文化の日)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

2018-10-28から1日間の記事一覧

右脳世界と老子(2)

長谷川幾与です。 右脳世界と老子(1)はこちらから↓ ichiharugallery.hatenadiary.jp 老子の道徳教を読み始める数ヶ月前から、 頭の中でかすかに「声」が聞こえるようになっていて、 なんとなくその声は頭の右奥から聞こえてくるような気がしていました。 そ…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp