道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年11月3日(文化の日)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

2018-11-04から1日間の記事一覧

当サイトからも、ご注文を受け付けています。

当サイトからも、老子展の作品のご注文を受け付けています。 作家名と作品タイトルを、メールにてお伝えください。 折り返し、作品サイズ、価格などのデータをお送りいたします。 ●お問い合わせ先:info@ichiharugallery.com *山名しおりの絵本が、残数わず…

Taoの、どこでもない場所、どこでもない時間をコラージュで表現する。

宮毬紗作品 *SOLD OUT 私の「Tao」の表現は、日本画の天然絵具を使った麻紙で描いた、コラージュ作品です。 1つ1つの麻紙には、さまざまな時間、さまざまな場所を、美しい天然絵具を使い、描いています。 大地が生んだ絵具を使います。 ラピスラズリや孔…

老子展の会場風景です。

長谷川幾与さんの展示コーナーです。 淡い色彩の美しい、心癒される部屋になりました。 山名しおりさんの絵本が、大好評です。 原画を展示しています。 宮毬紗のコーナーです。 天然の鉱物で作られた絵具の紙を、華やかなコラージュに仕上げています。

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp