道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

山名しおり Shiori Yamana

「三十の幅」にみる生命観  山名しおり

山名しおりです。 「戸を出でずして」の章が私自身の心の中に落ちたことで、11章「三十の幅」へのイメージが広がりました。 文章の表現としても、11章「三十の幅」は「車」や「器」など具体的な物を挙げて説明がされているのが特徴的です。 だからこそイメー…

言葉が絵になる瞬間   山名しおり

先日、制作を進めていた際に言葉が絵になる瞬間を体験しました。 その時頭の中に浮かんでいたのは四七章「戸を出でずして」の章です。 ブログの中で「戸を出でずして」が私の中でようやく噛み砕けた始めたとき、制作の中で理屈ではなく形となって表すことが…

「戸を出でずして」はインプットする時間   山名しおり

山名しおりです。 これまで、老子の中に流れる「普遍性」について仏教用語に派生しつつ触れてきました。老子が時を経ても普遍性を感じる理由の一つとして、日々に根差した思考であるからだと私は考えています。 特に、四七章「戸を出でずして」については、…

老子の深淵  山名しおり

山名しおりです。 長谷川さんの記事を拝見しました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp ドリアン助川さんの本について合わせて触れておられます。 私も、その著書の中で、老子の文章と禅問答の一つ「海を一息で飲んで来い」ということをドリアン助川さん自身…

仏教について考え求める  山名しおり

山名しおりです。 前回の記事で老子を詠む中で焦点を絞りながら表現に繋げている旨を書いていました。 私自身の中では老子の言葉から「仏教」に焦点が絞られてきています。 これまでに宮さんも仏教について記事を書いておられます。 ichiharugallery.hatenad…

少しずつ焦点を定めてゆくこと  山名しおり

山名しおりです。 老子を読み進める中で、少しずつ表現していきたい形が浮かんできています。 カメラのレンズを覗き対象物に焦点を絞るような感覚です。 老子の言葉がそのまま描くことへ繋がることもあれば、ブログを書く中で気付いた私自身の根底に流れてい…

ある一人の経営者から見たアートとサイエンスへの視点に学ぶこと  山名しおり

山名しおりです。 長谷川さんが記事の中でアートとサイエンスについて書いておられました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp そのシンポジウムではどのような意見交換されるのか伺えるのが楽しみです。 私は記事を拝見しアートとサイエンスという言葉からあ…

音楽から感じること   山名しおり

山名しおりです。 私自身の表現の根底にはヴァイオリンという楽器の存在があります。 前回音楽に関する記事を書いたことで私自身も改めて気付かされました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp ヴァイオリンという楽器は弾こうと思っても、すぐに音が出せてメ…

見えないものに思いを馳せる感性  山名しおり

山名しおりです。 先日の記事で母の言葉から気付づかされたことを書きました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp 息子とのやりとりでもふと気付かされたことがあります。 テレビを見ていた息子に、きちんと外出の旨を伝えず「少しだけ」と思い10分ほど外出し…

二条城のお堀  山名しおり

山名しおりです。 今朝、たまたま出勤途中に母と二人で二条城の前を自転車で通りました。 今二条城の前は整備されていて、工事中です。 狭かった歩道が歩きやすいように広げられています。 普通なら「へぇ。歩道広くなって通り易くなったな」で終わるのかと…

アイザックスターンの演奏  山名しおり

以前の記事で老子から連想する音楽についてお二人が書かれていて、私も色々思い浮かべていました。 私がふと思い浮かべたのは「ブラームス弦楽六重奏曲第一番変ロ長調作品18」です。 ブラームス:弦楽六重奏曲第1番変ロ長調 作品18 アーティスト: スターン(ア…

十四、これを視れども見えず  山名しおり

山名しおりです。 老子を読むにつれ色々な受け取り方が、沸き出てきて言葉にならない時があります。 「十四章 これを視れども見えず」の現代語訳などを読むと、「感覚や知識を超えたそのおぼろげなものを、なんとか手探りで尋ね当てようとする実践性がある」…

全ては作ることへ   山名しおり

山名しおりです。 前回の記事で老子に関する書籍を手に取るようにしていると書いていましたが、 その中の本で、なかなかインパクトのあるタイトルでしたので、紹介したいと思います。 ハーバードの人生が変わる東洋哲学──悩めるエリートを熱狂させた超人気講…

書くこと、描くこと  山名しおり

山名しおりです。 老子を読むにあたり、他の中国古典について、そしてどんな解説書があるのか出会った本を読んでいくことを心がけています。 そして読むだけでなく自分自身の文章としてまとめブログで発信してみる。 そうすると、思ったより考えが形にならな…

二十、唯と阿を相い去ること幾何ぞ その2    山名しおり

山名しおりです。 引き続き「二十、唯と阿を相い去ること幾何ぞ」について触れていきたいと思います。 前回ドリアン助川さんの著書でも、この章は「孤独との対峙」として取り上げておられると紹介していますが、このブログでテキストとしている金谷治さんの…

二十、唯と阿を相い去ること幾何ぞ その1  山名しおり

山名しおりです。 夏休み中なので、息子と図書館へ行きました。 ふと中国古典のある書架を通りがかると、ドリアン助川さんの本を見つけました。 読みやすい言葉でまとめられています。 バカをつらぬくのだ! バカボンのパパと読む老子・実践編 (角川SSC新書) …

御池通の蝉の声  山名しおり

山名しおりです。 時々自転車で走っているときのことを書いていますが、 今は御池通を毎朝自転車で走っていると蝉の声が物凄いです。 大合唱です。 少し一本横の道に入ると少し蝉の声が遠のくのですが。 濁流の音のように蝉の声が凄く響いています。 でも不…

水の流れと感情の流れ  山名しおり

山名しおりです。 先週の金曜日、京都は夕方に結構雨が降り、鴨川が濁流のようになって水位も上がり 凄い勢いで流れていました。 余りに凄い雨でしたので、帰宅できず足止めを食らってしまいましたが、ようやく雨が小雨になって家路に向かう際に見た鴨川の色…

先を見据える力と感謝の気持ち  山名しおり

山名しおりです。 一昨日、出勤前に父の通院に付添うことがあり、不意に出来た待ち時間を利用し 老子道徳経のテキストを手に取りブログを書いていました。 その瞬間の気持ちとも重なった「23章 曲なれば則ち全し」を取り上げたいと思います。 曲(きょく)なれ…

成長を見つめる 山名しおり

山名しおりです。 今日はこの記事の続きを書きたいと思います。 ichiharugallery.hatenadiary.jp 私は、この章を読んで 人は行きつ戻りつしながら成長してくもの。 そんな風に捉えていると書きました。 その続きを考えているうちに、 長谷川さんが記事の中で…

二十二、企つ者は立たず  山名しおり

山名しおりです。 前回の記事でも触れましたが、第二十二章「企つ者は立たず」について考えていき たいと思います。 まず、現代語訳を読みますと 「つまさきで背伸びをして立つものは、長くは立てない、大股で足をひろげて歩くもの は、遠くまでは行けない。…

継続する力  山名しおり

山名しおりです。 毎日暑いですね。 宮さんのこの記事を拝読すると、すーっと気分が流れていく涼やかな気持ちになりました。 ichiharugallery.hatenadiary.jp この記事内で最後にこんな風に書いておられます。 できないことは、無理しない。 できることは、…

八、上善は水の若(ごと)し  山名しおり

上善(じょうぜん)は水の若(ごと)し。 水は善(よ)く万物を利して而(しか)も争わず。 山名しおりです。 日々の中で、どうしても気分が沈むこともあります。 そんな時こそ!と思い幾つか章をめくり・・。 あぁ!そう。この章を思い起こすのです。 老子の水の性…

自転車に乗って  山名しおり

山名しおりです。 最近、ふと自転車に乗っている時間に ずっと老子の思想や、それが今の日々にどう結び付くかについて考えている 自分がいることに気づきました。 そう言えば・・ このブログが始まった日も自転車で夕立に出会ったことを書いていました。 ich…

六十八、善く士たる者は(不争の兵法)    山名しおり

すぐれた戦士は怒りをみせない。 「争わない徳」「人の力を上手く利用する」 山名しおりです。 この章の現代語訳には、上記のような解説があり、「したたかさ」と「しなやかさ」を感じます。その語訳を読むと通常は人間関係を想起しますが、作品を描く時にも…

四十一、反(かえ)る者は道の動なり     山名しおり

ー前に向かって進むのではく、あともどりをしてもとに帰っていくのが 「道」の動きかたであるー 山名しおりです。 このブログを始めるにあたり、老子道徳経の書き下し文、現代語訳を読み込み始めました。まだ読み込みを始めて、半年足らずの若輩者です。 読…

四、道は沖(むな)しきも   山名しおり

「道は冲(むな)しきも、これを用うれば或(ま)た盈(み)たず。」 道はからっぽで何の役にもたたないようであるが、そのはたらきは無尽である。 からっぽであるからこそ無限のはたらきが出てくる。 この現代語訳を読んで、ふと自分自身の日常を見つめたとき、つ…

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp