道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

一、道の道とすべきは  宮毬紗

「名無きは天地の始め、名有るは万物の母」

 

子宮の中は、宇宙のよう。

 

娘を授かったときの、卵子の写真を見ていたら、万物の始めに命が漂っている感じがしました。

 

私たちの命には、限りがあるのです。

 

だから、この世に誕生した始めに名付けるのでしょうか。

 

 

<書き下し文>

 

道の道とすべきは、常の道に非ず。

名の名とすべきは、常の名に非ず。

名無きは天地の始め、名有るは万物の母。

故に常に無欲にしてその妙を観、常に有欲にしてその徼を観る。

この両者は同じきに出でて而(しか)も名を異(こと)にす。同じきをこれを玄(げん)と謂(い)い、玄のまた玄は、衆妙(しゅうみょう)の門なり。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

 

一晴画廊はこちらから

ichiharugallery.hateblo.jp

読むだけでも強烈に愛してくれるファンができてしまいます

miyamarisa.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp