道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

なぜ中国古典をテーマにするのか

宮毬紗です。

 

この度、私が経営する画廊ICHIHARU GALLERY|一晴画廊にて、老子を絵にする展覧会を企画しました。

 

最初から「展覧会をするのなら、中国古典をテーマにしよう」と決めていました。

 

経営の勉強を続けるうちに、

 

「画家も、自分自身の経営者」

 

「これからの時代、教養深い、芸術を愛する人たちに応援していただける画家になられければいけない」

 

「そのためには、自分たちも同じように、深い教養を身につける必要がある」

 

と考え始めていたからです。

 

多くの名経営者が、中国古典を学んでいます。

中国古典を訳した名著も、数多く出ています。

 

それらを、なんとか紐解いていくうちに、画家にとっても、非常に豊かな学びを得られるテキストであると確信しました。

 

これからの時代、自分をマネジメントすることに長けた人が、AIによって多くの仕事が代替されてしまうなかでも、重用されることになるでしょう。

 

誰かの代わりにはならない、魅力ある個性は、時代性だけではなく、普遍性も兼ね備えているように思います。

 

 

周りを知り、自分を深く知る。

 

そして自分ということも、いつしか忘れてしまうくらい、老子の世界に馴染んでいく。

 

その境地へ、ゆるやかに向かっていければと願っています。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

 

一晴画廊はこちらから

ichiharugallery.hateblo.jp

ほぼ毎日更新しています

miyamarisa.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp