道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

六十八、善く士たる者は(不争の兵法)    山名しおり

すぐれた戦士は怒りをみせない。

「争わない徳」「人の力を上手く利用する」

 

山名しおりです。

この章の現代語訳には、上記のような解説があります。

 

それを読んで「したたかさ」と「しなやかさ」を感じました。

これって職場や家族、日々の人とのコミュニケーションの中でも結構使えるなぁと。

 

そうは言っても感情ってコントロールが難しいし、

「怒りを見せず」は実際難しいです。

イラッとしたら、やっぱり怒ってしまいますし。

 

しなやかに、流れに身を任せつつ、人とのコミュニケーションという波を乗り切る。

ちょっとした時に思い出すようにしています。

 

更に作品を描く時にも、この「したたかさ」「しなやかさ」は使えるかも?と

ふと思いました。

 

勿論、大前提に「こう描きたい」という思いを持って描いていますが、

私の描き方の特徴や未熟さもあるのですが、画面上の全てを思うように支配することはできません。 

 

例えば、試行錯誤を重ね、選んだ色を画面に置き描いていきます。

それでも思うような発色にならなかったり、意図する表現にならなかったり

します。

 

そんな時に少し待ってみて、画面の流れに争わず、柔軟に次の描き方を考えてみる。

「不争」の姿勢での作品画面との対話。

そこからの表現もまた、自分だけの力でないようなものが生まれるかもしれません。

 

人とのコミュニケーションだけでなく、作品画面とのコミュニケーションに

行き詰まった時、この章を思い出すようにしています。

 

 <書き下し文>

善く士たる者は武ならず。善く戦う者は怒らず。善く敵に勝つ者は与(とも)にせず。善く人を用うる者はこれが下と為る。これを不争の徳と謂い、これを人の力を用うと謂い、これを天に配すと謂う。古えの極なり。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp