道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

執着を捨てるということ 長谷川幾与

こんにちは、長谷川幾与です。

 

老子の言葉を読み始めて、数ヶ月。

  

ようやく、「タオ」の感覚が少しずつ、掴めてきた気がしています。

 

老子の言葉の中で、私が今一番大切にしているのは、

「執着を捨てる」ということです。

 

絵を描くことに執着している時は、こんな風に考えながら制作します。

 

「失敗したくないな、絶対に良い絵にしなければいけないな」

「画面を汚して取り返しのつかないことになったらどうしよう」

「どうしたら無駄な手順を踏まずに早く仕上げられるだろうか」

 

頭が先走り、頭で絵を描くようになってしまいます。

こういう時は、表面だけ取り繕った絵になって、良い絵にはなりません。

 

見たいものは、見ようとするほど見えない。

自分が純粋に、からっぽになった時に、ふと見えるようになる。

 

老子に、そう言われている気がします。

 

執着を捨て、無心になった時、自分の絵がすっと見えてくるはずです。

真っ白な、柔らかい姿勢で、絵を描きたいものです。

 

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp