道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

それ唯だ争わず、故に尤め無し。  宮毬紗

宮毬紗です。

 

山名さんの記事を拝読していて、

 

「ああ、私も同じようなことを考えてしまう(笑)」

 

と共感しきり。

 

この句、大好きです。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

「上善(じょうぜん)は水の若(ごと)し。」

「水は善(よ)く万物を利して而(しか)も争わず。」

 

日本画は、水の芸術です。

 

鉱物から精製された絵の具を、水と膠液でといて、画面へ置いていきます。

 

日々、心の澱がたまっていきそうになりますが、岩絵の具に触れるときは、無心になります。

 

たまに、立ち止まるときがあるのですが、芸術の神様が求めるままに、目の前に開かれていく道を、丁寧に歩んでいきたいと願っています。

 

それ唯(た)だ争わず、故に尤(とが)め無し。 」

 

ああ、そうありたい。

 

 

ふと「老子って、何色だろう」と考えます。

 

何色でもあって、何色でもなくて。

 

それこそ大地そのもののように、岩絵の具をすべて合わせたような感じかもしれません。

 

 

上善(じょうぜん)は水の若(ごと)し。

水は善(よ)く万物を利して而(しか)も争わず。

衆人(しゅうじん)の悪(にく)む所に処(お)る。

故(ゆえ)に道に幾(ちか)し。

居(きょ)には地が善く、心には淵(えん)が善く、与(まじわり)には仁が善く、言には信が善く、正(政)には治が善く、事には能が善く、動には時が善し。

それ唯(た)だ争わず、故に尤(とが)め無し。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

 

一晴画廊はこちらから

ichiharugallery.hateblo.jp

読むだけでも強烈に愛してくれるファンができてしまいます

miyamarisa.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp