道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

成長を見つめる 山名しおり

山名しおりです。

今日はこの記事の続きを書きたいと思います。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

  私は、この章を読んで

 人は行きつ戻りつしながら成長してくもの。

 そんな風に捉えていると書きました。

 その続きを考えているうちに、

   長谷川さんが記事の中で満島ひかりさんが言われた

 「上に上に積み上げて成長するのではなく、ぐるぐる回りながら成長している」

   という言葉を引用されていました。

  

ichiharugallery.hatenadiary.jp

この記事を読んで、保育士の先生から同じようなことを教えて頂いたことを

思い出しました。


「子供たちは、一日一日直線的に成長するわけではありません。昨日できなかったことが、今日はできるようになるといった直線的な成長ではなく、同じところをぐるぐる渦のように回って、成長しているのか、後戻りしているのか分からないように思うが、少し前を振り返ると成長したことに気付くことができますよ。」

 

息子が小さかった頃は必死で気付くことができませんでしたが、

今は子どもの成長は長く見据えていくようにしようと少し振り返ることができます。

人の成長はというのは、直線的な成長ではなく渦のようにぐるぐる回り

ながら成長していくものだということ。

小さなことですが、自分自身に置き換え、そして心に留め、

描くことにも結び付けていこうと思っています。 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp