道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

二、天下みな美の美たるものを知るも 宮毬紗

宮毬紗です。

 

朝に庭仕事をしていたら、蟻の行列を見つけました。

 

一列になって、一定の速さで進んでいきます。

よくできた軍隊は、このような感じなんだろうかと、ふと老子を思い浮かべました。

 

この記事でご紹介しました『老子講義録』を読んでいます。 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

「私の選んだことの、何が人生の益になって、何が不益になるのか、そんなこと簡単に見えてくるのだろうか」

 

そう思うことがあって、この章を読んでいました。

 

天下みな美の美たるを知るも、これ悪のみ。

みな善の善たるを知るも、これ不善(ふぜん)のみ。

故(まこと)に有と無相(あい)生じ、難と易相成り、長と短相形(あらわ)れ、高と下相傾き、音と声相和し、前と後相随(したが)う。

ここを以(も)って聖人は、無為の事に処(お)り、不言(ふげん)の教えを行なう。

万物ここに作(おこ)るも而(しか)も辞(ことば)せず、生じるも而も有とせず、為すも而も恃(たの)まず、功成るも而も居(お)らず。

夫(そ)れ唯(た)だ居らず、ここを以って去らず。

 

この章は、「一方で美があれば、一方で悪がある」と、相対的な価値を語るようで、先を読み進めると、そんな単純な、二項対立のことを言っているのではないのですよね。

 

この年齢になったからか、すべてが良いものはないように思えますし、すべてが悪いこともないように思えます。

 

誰かに勝っているようで、負けている、負けているようで、勝っている。

そんなこともありますね。

 

これを絵にしたら、どうなるでしょう。

いっそ何も描かないのがいいのではないかと、ふと思ったり。

 

でも老子は、ちゃんと実生活を見ているのですよね。

天下を治めるという、実質的な目線を持っています。

 

このことが、つい概念ばかりを追いかけたくなる私を、戒めてくれます。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

 

一晴画廊はこちらから

ichiharugallery.hateblo.jp

読むだけでも強烈に愛してくれるファンができてしまいます

miyamarisa.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp