道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

十五、古えの善く道を為す者 長谷川幾与

こんにちは、長谷川幾与です。

 

老子道徳経の中では、「道」を体得できた者は

「慎重で、用心深い」とされています。

 

数年前までの私だったら、共感していなかったと思います。

 

何事にも挑戦することが大切で、思い立ったらすぐ行動し、

どんどん前に進むのが良いと考えていたからです。

 

友人曰く、「猪突猛進」タイプでした。

周りがあまり見えていなかったかもしれません。

 

最近はとても慎重に、石橋を何度も叩いて渡るようになりました。

 

理由は単純で、子供ができたからです。

 

子供がいると、以前にような時間の使い方ができません。

 

 

慎重に、貴重な時間を有効に使えるように判断します。

 

自分のことばかり考えて行動していたのが、

子供を優先して行動することで、

自分一人でいるよりも、時間を大切に使えるようになりました。

 

慎重に、用心深く行動すると、他にも良いことがありました。

 

身の周りの不意の変化に対応できるようになり、

相手へ思いやりを向けることで、

相手からの思いやりにも気がつくようになりました。

 

「道」につながる思慮深い人は、

自分のよりも相手にとって善になるように、知恵を働かすそうです。

 

老子道徳経を繰り返し読んでいけば、少しずつ、

自己中心的な考え方から解放されるかもしれません。

 

 
<書き下し文>
古えの善く道を為す者は、微妙玄通(げんつう)、深くして識(し)るべからず。それ唯(た)だ識るべからず。故に強いてこれが容(よう)を為さん。予(よ)として冬に川を渉(わた)るが若(ごと)く、猶(ゆう)として四隣(しりん)を畏るるが若く、儼(げん)としてそれ客の若く、渙(かん)として冰(こおり)の将(まさ)に釈(と)けんとするが若く、敦(とん)としてそれ樸(ぼく)の若く、曠(こう)としてそれ谷の若く、混(こん)としてそれ濁れるが若し。孰(たれ)か能(よ)く濁りて以ってこれを静かにして徐(おもむろ)に清(す)まん。孰か能く安らかにして以ってこれを動かして徐に生ぜん。この道を保つ者は、盈(み)つるを欲せず。それ唯だ盈つるを欲せず、故に能く敝(やぶ)れて而(しか)も新たに成る。

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp