道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

徳信なればなり  宮毬紗

宮毬紗です。

 

最近、ある人が、インターネットビジネスで詐欺をする様子を見ました。

 

その人の表側は、煌びやかで、善良さに満ちているのです。

 

ですが裏側は、杜撰で、言い訳と誤魔化しだらけでした。

 

 

そういうものに、次々と騙されている人たちがいました。

 

「これは虚構だ」と感じ無いのです。

 

矛盾があっても、歪みが見えても。

 

もしくは、分かっていても、離れられないのかもしれません。

 

 

このブログで勉強会を始めて、日々、良書に触れる大切さを痛感しています。

 

普段から良いものに触れ続けることは、悪いものを退けます。

 

「いつもとは違うな」という、ちょっとした違和感は、大事なメッセージですね。

 

 

ただ、悪いものに見えるなかにも、良いものがあると老子は書いています。

 

詐欺師のなかにも、真摯さも、善良さも、まったく無いわけではありませんでした。

 

すべてが悪なら、誰も騙されないでしょう。

 

 

任徳第四十九に、

 

「善なる者は吾之を善とし、不善なる者も吾亦之を善とせん」

 

訳:

善なる人は善人として付き合おう。不善な人も、これから善人になる人なのだと、拒否しないで、そのままを肯定して付き合おう。

 

とあります。

 

私は距離を置きましたが、その人を、見捨てたわけではないのです。

 

徳信なればなり。

 

訳:

人の心は本来徳あるもの。

徳は信なるものだから、信ある、本来のあるべき状態にもどればいい。

 

老子は善も悪も包み込みつつ、性善説なのですね。

 

詐欺をしながらも、どこか寂しそうな人を見て、人は本来信なるものであると感じます。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

 

一晴画廊はこちらから

ichiharugallery.hateblo.jp

読むだけでも強烈に愛してくれるファンができてしまいます

miyamarisa.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp