道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

書くこと、描くこと  山名しおり

山名しおりです。

 

老子を読むにあたり、他の中国古典について、そしてどんな解説書があるのか出会った本を読んでいくことを心がけています。

 

そして読むだけでなく自分自身の文章としてまとめブログで発信してみる。

そうすると、思ったより考えが形にならないことに気づいたり、逆に書くことで考えがまとまるのです。

宮さんや長谷川さんの文章に刺激されながら書くというのも私にとって大きな意味があります。

このブログでの勉強会を始め、文章を書くことの意味を再認識しています。

そこで、ふと思ったのが「ブログを書く」ことで得ている感覚をそのまま「描くこと」に結び付けていけないだろうかと。

文字にするというのは、考えを整理するという意味もありますが、できるだけ自然に今、文章を書いているリズムで描いてみたい。

私にとっては新たな試みですが、書くことと描くことが一直線に繋がっていく先に「道」があるのではと考えています。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp