道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

老子と直感力 長谷川幾与

こんにちは、長谷川幾与です。

 

日々、宮さんと山名さんのブログ記事に刺激を受け、

触発されながら、絵のイメージを膨らませています。

 

一つのテーマに向けて画家が絵を描く展覧会は一般的ですが、

制作をしながらブログを書いて勉強していくスタイルは、あたらしい試みです。

 

絵を描くことは孤独な作業です。

自分一人の世界で戦わなければいけません。

 

しかしブログで感覚を共有することは、音楽における合奏をしているようで、

今までにない楽しさがあります。

 


さて、今日は直感力について書きたいと思います。

 

老子の思想を実践する上で、

直感力は必要不可欠だと感じています。

 

「学を絶てば憂いなし」(第二十章) にあるように、

老子は知識を得ることに懐疑的でしたが、

「道」に通ずる人が、知識の代わりに必要なのが直感力だと気がつきました。

 

老子の教えは、直感で解釈しなければ、単なる世捨て人に感じるかもしれません。

 

現代において知識を身に付けるのは簡単なことです。

 

しかし直感力を養うには、溢れる情報に惑わされず、

自分自身の腹の声に耳を澄ませなければいけません。

 

論理とは違い、曖昧で、捉えがたい感覚に身を委ねる不安はありますが、

案外、直感に身を任せた方が、全てが良い方向に流れていくのです。 

 

学を為せば日々に益し、道を為せば日々に損ず。(第四十八章)

 

学問を修めれば知識は一日一日増えていくが、

道を修めれば知識は一日一日減っていくと、老子は言います。

 

無の境地まで至った時に、

全てを「知っている」のではなく、

全てを「感じている」ことができるようになるのだと思います。

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp