道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

京都と老子  宮毬紗

宮毬紗です。

 

京都というのは、独特な町です。

 

お商売をするにしても、儲けよりも、家の決まりを守ることを優先します。

 

儲けたいからと言っても、家に迷惑をかけるようなことは、極力避けます。

儲けよりも、先代、今の家族、この先の代のことまで考えます。

 

老子を読んでいると、「老子は京都人と違うやろか?」と感じることがあります。

 

京都人も、物腰は柔らかで、角が立つことは避けます。

芯は相当に強く、でも頑固とは違います。

 

そんなことに、気づきました。

 

権力者に、ちょっとイケズなところも、京都人に似ているかもしれないですね(笑)。 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

 

ほぼ毎日更新・世界で活躍したい人のためのアート・レッスン

世界の富裕層・エリートになるために、若いあなたへ伝えたいこと。 – 米国アイビーリーグでサイエンスを学ぶ娘へ贈るアート講座

 

一晴画廊はこちらから

ichiharugallery.hateblo.jp

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp