道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

安岡正篤の『老子』  宮毬紗

宮毬紗です。

 

中国古典の背景を学ぼうと、安岡正篤『洗心講座』を手にしました。

 

洗心講座

洗心講座

 

 

ちょうど、「『老子』と現代」という章がありました。

 

これは、真っ先に読むしかありません(笑)。

 

 

1回目は、眠くなりました。

 

2回目で、やっと「読める」ようになりました。

 

3回目は、まだです。

 

 

どうしてここまで、四苦八苦するのだろうと、ページをめくりつつ、考えていました。

 

難しい言葉は出てきません。

 

平易な言葉で書いてあります。

 

ああ、そうだ。

 

老子』が自分のものになっている人の、氷山の一角を見ている感じです。

 

この言葉の裏に、まさに蕩々としたものがあるのだと、圧倒されたのかもしれません。

 

安岡正篤は、黄老思想を、練れている、蕩々とした思想と表現しています。

中国の老酒にも例えています。

 

飲むとほのぼのと酔ってくる。

 

「ほのぼのと酔う」、この表現が、たまりません。

 

それに対して日本は、「生」、稜々なのだそうです。

 

気骨稜々の稜々です。

 

確かに「生」を喜ぶ文化がありますね。

生カステラ、生キャラメル、生チョコ・・・本の中では「灘の生一本」とありました。

 

こういう例えが出てくるところが、易しいようで、実は易しくないのです。

 

中国の文化の理解度が試されます。

日本の文化の捉え方も、問われます。

 

この本は、昭和26年に安岡正篤が始めた、若者10名のための講義をもとにしたものですが、高弟のレベルの高さに、感嘆するばかりです。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

 

ほぼ毎日更新・世界で活躍したい人のためのアート・レッスン

世界の富裕層・エリートになるために、若いあなたへ伝えたいこと。 – 米国アイビーリーグでサイエンスを学ぶ娘へ贈るアート講座

 

一晴画廊はこちらから

ichiharugallery.hateblo.jp

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp