道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

アートとサイエンス  長谷川幾与

長谷川幾与です。

 

老子とは話が少し逸れますが、

宮さんの新しいブログ「世界の富裕層・エリートになるために、若いあなたへ伝えたいこと。米国アイビーリーグでサイエンスを学ぶ娘へ贈る、心で憶えるアート講座。」を愛読しています。

marisamiya.com


ブログに掲載されている娘さんの写真、宮さんの言葉、とても美しいです。

 

知識を押し付けるだけの教育とは違い、

「アートについてこういう事実があります。あなたはどう思いますか?」という、

宮さんから娘さんへの問いかけ方が、愛があって、素敵だなと思います。

 

アートとサイエンスに関して、
私は今月27日に、オーストリア大使館で行われる国際シンポジウムに参加します。

globalinnovationsym.wixsite.com

 

AI(人工知能)が描くアートと、私たちが作るアートとの関係性は将来、どのようになっていくのでしょうか。

アーティストとして、最先端の技術者たちと、パネルディスカッションを通してお話しする予定です。

 

シンポジウムがどのような内容になったかは、こちらのブログでも書いて行こうと思います。

現代において老子を読む意義が、その中から見えてくるかもしれません。

 

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp