道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

私自身を知る  山名しおり

山名しおりです。

 

今、老子を読みながら感じたことを言葉にかえる作業をしています。

 

できるだけ簡単な言葉で、その中核になる部分を表現する。

思い立ち、試みているのですが、とても難しいです。

毎日、ひとつずつノートにメモしています。

 

その時、「こんな時どう言えば良いのだろうか」とただノートに書くだけのことなのに悩んでしまいます。

私自身を見つめる作業のようです。

 

「33章 人を知るものは智」の中でも自分で自分自身のことがよく分かるのは明智であると説かれています。

 

自分自身のことになるほど良く見えない、気付いていないことが多いな、と。

 

ふとよぎったこの思いは、掴みどころのない「道」を探ろうとする思いにとても似ていると思うのです。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp