道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

労力を使い糧を得る  山名しおり

 

山名しおりです。

 

老子を読み進める中で、少しずつ表現していきたい形が浮かんできています。

でもまだ自分の中にあるだけの状態です。

 

もっと多くの書籍等からヒントを得ていきたいと思うと同時に、実際に人に会いそして考えたり、ヒントを頂く。

 

自分の足を使って、あと一歩踏み出して行きたい。

そういう思いで日々を過ごしています。

 

体験や経験を通して得たものは正に自分の血となり肉となります。

でも「企つ者は立たず」のように、つま先立ちをするような無理の中での努力は続きませんし、結局途中で潰れてしまうと思うのです。

 

一日は24時間なので、どう使うかも大切ですが、心の軸をぶれないようにする。

かつて臨床心理士の先生に

「できない時にもイメージトレーニングをずっと続けてください。GOサインが出た時、動ける時期に必ず役に立ちます。」と備える気持ちでいることの大切さを教えて頂いたことがあります。

 

 様々な厳しい状況はありますが、一歩踏み出せる私自身を信じて頑張りたいと思います。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp