道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

少しずつ焦点を定めてゆくこと  山名しおり

 

山名しおりです。

老子を読み進める中で、少しずつ表現していきたい形が浮かんできています。

カメラのレンズを覗き対象物に焦点を絞るような感覚です。

老子の言葉がそのまま描くことへ繋がることもあれば、ブログを書く中で気付いた私自身の根底に流れていたヴァイオリンという楽器の存在を再認識したこと。

読み継がれた言葉の中からと、時には楽器を奏で、音色を繋ぐように思考を行き来するうち柔らかな感性で絵になる瞬間を捉えたい。

それは、デッサンをしている時に自然と自らが描いている対象に焦点が絞られ夢中になる瞬間のような、また日々の中で思いがけず美しい空の色に出会ったり、草花から季節や生命力を感じ、小さな感動を積み重ねていくような感覚と表現すれば良いでしょうか。

少しずつ少しずつ焦点を絞ってゆきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp