道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

ありのままで、心のままに。   山名しおり

 
山名しおりです。
 
ブログを書き始め気付いたことがあります。
それは、まだまだ自分自身の枠を自分で決めてしまっているということ。
老子を読んできた中でも「敢えて分けない」という捉え方、
物事を分断してしまったがために本末転倒になっていることがあるというのは一つの重要なポイントであると考えています。
 
枠を決めてしまわず、ありのままに受け止めること。
それが全て作ることへ繋がる道の入り口なのではないだろうか。
 
これは宮さんや長谷川さんが伸び伸びとした文章で綴っておられる部分から学んだことでもあります。
 
人それぞれであり、性格や得手不得手は誰にでもあることです。
これはできないんじゃないか、興味を広げ過ぎても良くないのではないかと恐れずに、書いてみること。無理だと決めて思考を止めてしまわないこと。
 
私も枠に捉われず、のびのびと学びを深めたいと考えています。
 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp