道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

仏教について考え求める  山名しおり

山名しおりです。

 

 前回の記事で老子を詠む中で焦点を絞りながら表現に繋げている旨を書いていました。

私自身の中では老子の言葉から「仏教」に焦点が絞られてきています。

これまでに宮さんも仏教について記事を書いておられます。

 

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

私は釈尊の一生や悟りを開かれるに至る一連の流れを、知識として学生の頃学びました。
しかし現在は、知識のみではなく仏教について考え求めるという実感が湧き始め学び直しているところです。

老子の中にも「生老病死」に近い表現が折々に見受けられるだけでなく、日々の中に根差した老子の文章に影響を少なからず受けていると思います。

仏教を学び直すことで老子の文章への解釈に深みが増すと考えています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp