道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

中国古典を学ぶ意味  山名しおり

山名しおりです。

 

長谷川さんの記事を拝見しました。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

シンポジウムに参加されたことを書いておられると同時に私がブログで紹介した

ドリアン助川さんの本についても触れてくださいました。

 

私もドリアン助川さんの著書の中で、老子と禅問答の一つである「海を一息で飲んで来い」ということを実体験に結び付けて書かれている部分がずっと忘れられずにいます。

 

長谷川さんがシンポジウムでの経験や老子の勉強を合わせブログの中で、

そして感覚的に蓄積されたものを紹介していただけるのを楽しみにしています。

 

そして中国古典を学ぶ意味に改めて思いを馳せています。

最初に宮さんが以下の記事で「なぜ中国古典をテーマにするのか」を書いていらっしゃいます。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

その上で私は中国古典の中にある「普遍性」に注目しています。

なぜ、「普遍性があるのか」。

それは時代背景は全く違えども、日常に根差しつつも深く思考されたものだからこそだと思います。

仏教用語の中に見られる「生老病死」にも同じことが言えますが、人が生きることに関する根源的な部分に触れ、考えられているからこそ「普遍性」があるのだと思います。

そして、この「普遍性」に私たちは惹かれるのだと思います。

 

読み継がれた先人の思考の過程はとても尊いと思う日々です。

そして老子はそれに加え自然観察の中での経験が、如実に感じられると私は考えています。

 

今日も鴨川の傍の雑草から季節独特の葉の匂いを感じました。

秋が深まる空気と草花が醸し出し季節独特の匂いです。

 

感覚的な普遍性も加えもっと思考を深めることができればと思った瞬間でした。

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp