道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

老子の深淵  山名しおり

山名しおりです。

 

長谷川さんの記事を拝見しました。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

ドリアン助川さんの本について合わせて触れておられます。

私も、その著書の中で、老子の文章と禅問答の一つ「海を一息で飲んで来い」ということをドリアン助川さん自身の実体験に結び付けて書かれている部分は印象的でした。

細かく言えば、老子から思索し始めた言葉をドリアン助川さんのリアルな体験として文章で表現されていることが素敵だなと私は思いました。

今後も長谷川さんがシンポジウムでの経験や老子を読む中で、感覚的に蓄積されたものを紹介していかれるのを楽しみにしています。

 

長谷川さんの記事に刺激を頂きながら、私自身は仏教を学び直す中で改めて老子の言葉の深淵について考えさせられています。
仏教にも様々な経典、諸宗がありますが、私はその中でも「法華経」に焦点を当てて考えていこうと思っています。

その理由として、人が生きることに関する根源的な部分に触れ、日常に根差しつつ深く思考されたものだと捉えているからです。

解釈の仕方は様々であって当然ですが、どれだけ時を経ても感じられる「普遍性」がそこにある。
では、その共通する普遍性とは何か。
読み継がれた先人の思考の過程はとても尊いと思いつつも、その深淵はどこまでも深く果てのなさも同時に感じています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp