道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

日々の中から作ることを見出す   山名しおり

 

山名しおりです。

 

色々と思考を巡らし学ぶ中で、これから求められるものについても
様々なことを考えています。

作り手である以上「こうありたい」だけでなく「求められる」ものを
考えなくてはなりません。

少し前に自分自身が書いた記事を振り返ってみました。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

 私は日々の中から作ることを見出す姿勢を大切にしています。

それは、長谷川さんが何度か記事で触れられた「境界をなくすということ」に通じるものが少しあるのかもしれません。


日々の「些細な事」を自分の感覚にきちんと取り込むことが、もっと自然に物を生み出すエネルギーに繋がると老子を読み解くなかで、確信してきたことの一つです。

 

「七六章 人の生まるるや柔弱」を読み、改めて柔らかな自分自身でありたい。

日常の中から作り出すことを主軸に置きながら「求められるもの」に応えていけるようブログを通して考え続けていきたいと思っています。

 

<書き下し文> 

人の生まるるや柔弱、その死するや堅強なり。万物草木の生まるるや柔脆、その死するや枯槁(ここう)なり。故に堅強なる者は死の徒(と)にして、柔弱なる者は生の徒なり。ここを以って兵強ければ則ち勝たず、木強ければ則ち折る。強大なるは下に処(お)り、柔弱なるは上に処る。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp