道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

宙と繋がる  長谷川幾与

長谷川幾与です。

 

宮さんのこちらの記事を読んで、あ、私も。と思いました。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

私も数年前に、大地と自分の境界線がなくなり、宙と繋がる感覚を経験しました。

その時の感覚は今でも鮮明に覚えています。

 

とある離島に滞在していた時のことですが、その瞬間、自然の気配に襲われ、身体の意識感覚がなくなり、自然と一体になった気がしました。

 

不思議と、老子について書かれているドリアン助川さんも、著書の中で、似た経験を書かれています。 

 

 

ドリアン助川さんによると、これは「禅」のものの考え方であり、古来の禅問答の、「海を一息で飲み込んでこい」、つまり、「意識をそこまでふくらませて、存在として海と一体化する」という問答に当たるそうです。

 

山名さんも、本の中でこの部分が印象的であったとブログに書かれていましたが、私も同じでした。

 

老子の思想を学ぶと同時に、仏教、禅宗について見識を深める必要があると感じています。

 

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp