道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

言葉が絵になる瞬間   山名しおり

 

先日、制作を進めていた際に言葉が絵になる瞬間を体験しました。

 

その時頭の中に浮かんでいたのは四七章「戸を出でずして」の章です。


ブログの中で「戸を出でずして」が私の中でようやく噛み砕けた始めたとき、制作の中で理屈ではなく形となって表すことができていました。

 

老子の言葉と宮さん、長谷川さんの老子へ向ける視点、そして様々な解釈に触れていく中で導かれたような瞬間でした。

 

音楽の分野で言い換えると、楽譜からその作曲家の思想を読み解くのと同じ感覚と少し近いと言えば良いのでしょうか。

 

 

老子の言葉を紐解く中で得た感覚です。

ブログを始め、テーマの一つとしていた「日々の中から作ることを見出す」が繋がった瞬間でした。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 


この感覚を大切にしながらも、より洗練された形に昇華できるよう目指していきたいと心に思いとどめた瞬間でした。

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp