道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年10月30日(火)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

「老子」の言葉の煌めきを拾う  山名しおり

山名しおりです。

 

宮さんの先日の記事を拝見して以前に読んでいた、渡辺昇一・谷沢永一著作の

老子の読み方』~ 五千言に秘められた「きらめき」をどう拾い上げるか~を
思い出しました。
 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

 参考書籍はこちらです。

老子の読み方

老子の読み方

 

対談形式で、そして老子の言葉の中に散りばめられた煌めきをどう捉えるか、という切り口が印象的でした。そして女性にこそ「老子」を読んで欲しいという内容のことが書かれていた箇所も特に印象的に残っていました。

 

「道」は万物を生み出す根源、そこには「母」命を生み出す「女性」ということは自然と結びついてきます。

 

そして、女性である自分を念頭におき、日常に根差しながら「老子」の中に散りばめられた煌めきを拾っていく作業。

 そのために、老子を読む中で派生した仏教への思索を深め、日々の中に生きた表現を探っていきたいと考えています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp