道-Tao-を描く 〜老子を詠む女性画家たちの講読会〜

<一晴画廊 企画展ブログ> 中国古典の名著、老子『道徳経』をテーマに2018年11月3日(文化の日)〜11日11日(日)に京都の一晴画廊にて展覧会を開催します。それぞれの画家が老子を読み解き、絵画へと変換していく思考の過程を一般公開する、新しい試みのブログです。

出品作品について 山名しおり

山名しおりです。

出品作品について解説します。

 

今回私は老子道徳経を読み解く中で、テーマと作品をより深く結び付けるものとして「図録絵本」を制作しました。

図録絵本と原画作品で構成した展示をしています。

 

私はまず、老子道徳経81章のうち、1章「道の道とすべきは」、47章「戸を出でずして」、11章「三十の輻」、8章「上善は水の若し」、4章「道は沖しきも」の5つの章を絵にすることから始めました。

そして最初に作品として完成したのがこの作品です。

この記事で触れていた作品です。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

この作品は自然と本の表紙に採用することになりました。 

         

f:id:shinpeix:20180925160442j:plain

【道程】(28.5cm×21.5cm 雲肌麻紙・美濃紙・典具帖紙・岩絵具)


 

そして、完成した作品を更に、絵本作成のために構成していきました。

「一日」の流れを絵の並びと言葉で構成するというアイデアがそこで生まれました。

ストーリーは夜明から始まります。

 

f:id:shinpeix:20181105142423j:plain

【暁】(24㎝×18.5cm 細川紙・岩絵具)SOLD OUT


 

以下は「図録絵本」のあとがきに寄せた文章であり、この展覧会に取り組んだテーマの根幹ですので、ご紹介します。

 

「名として表せないもの」を「道」と名付けた。
生まれては消え、すべては「道」の中に戻っていく。
形として見えないそれが「道」である。


老子は様々な自然観察や比喩を使い、上下二篇で構成された五千数百文字で書かれた「老子道徳経」の中で語っています。日々は意識しなければ、ただ流れるだけのように感じてしまいます。しかし「今日」という日は二度となく、一分一秒とも二度とない、かけがえのない瞬間です。積み重なった一瞬が昨日から続き、今日となり、そして明日へと繋がります。
本書は「日が昇り、日が沈む」という一番身近な時間の流れを通して、「物事は分断して捉えられない」 と語っている老子の思想、ともすれば飄々として捉えどころのないように感じる老子の世界観を、絵と文字から身近に感じてもらえるよう制作しました。
老子」という著名な中国古典を、本書を通して身近なものとして感じて頂ければ幸いです。「解説書」という視点ではなく、原文の音にも触れて頂けるよう、金谷治氏 著作「老子」( 講談社学術文庫版) に記載されている上下 81 章の書き下し文より一部を引用し掲載しています。             

  

夜は明け、外の世界へ踏み出します。そこで風を感じます。

 

f:id:shinpeix:20181102125648j:plain

【風】 (17.5㎝×13.5cm細川紙・岩絵具・墨)

 

「三十の輻」から着想した作品「在」。

無いからこそ在る。何もない空間があってこそ存在を感じることを伝える作品です。

 

f:id:shinpeix:20181102125841j:plain

【在】 (15.1cm×11cm細川紙・岩絵具)

 

絵本の原画でない作品として1点だけ展示しています。

歩んできた道のりを振り返り、思いを馳せる景色です。

(同じテーマの関連作品を絵本には掲載しています)

f:id:shinpeix:20181105153420j:plain

【遥】(12.5cm×13.5cm 雲肌麻紙・美濃紙・典具帖紙・岩絵具)

そして、夕暮れが近づき家路へ向かいます。

f:id:shinpeix:20181008203356j:plain

【続】(27㎝×18.5cm 雲肌麻紙・岩絵具)SOLD OUT

 眺望が広がり、一日は終わり、また明日へと繋がっていきます。

f:id:shinpeix:20181102125415j:plain

【眺】(13.5cm×18cm雲肌麻紙・黒谷和紙・岩絵具)

 

老子の世界を感じて頂ける参考書のような絵本を目指し制作しました。

f:id:shinpeix:20181105155233j:plain

図録絵本(B5サイズ無線綴じ冊子)SOLD OUT

言葉を読み解き描くことは、楽譜を読み解き演奏を考えるような瞬間の積み重ねです。

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.jp